鬱を克服する方法【しっかりケアすれば改善されます】

悩みを素直に受け入れる

カウンセリング

鬱の中には、新型鬱病というものがあります。新型鬱病とは、近代社会に生きている中で、環境的要因があることを指します。日本において鬱病と診断されるようになったのは数十年の話になります。これまで鬱になっている人でもしっかりした医師が日本ではいなかったために重要視されていなかったのです。ですが、日本では、外で生活をしていても家の中で暮らしていてもストレスを軽減できる場所が少なくなってきていると考えられています。外で生活をしていれば、人に気を使うことをしなければいけません。仕事関係でもストレスを受けてしまうことは多いでしょう。家の中では、夫婦関係に対しての問題や子供に対する暴力などが原因となって鬱になってしまう人も少なくないのです。社会の中で生きている内は、価値観や生活に向き合っていかなければいけません。では、従来の鬱病と新型鬱病は何が違うのでしょう。新型鬱病のケースは、環境が豊かになりすぎてしまったことが要因と考えられているのです。最近では、何処に行くにしても交通手段があるので便利になりました。社会的な制圧も少なくなってきているので住みやすい環境に変わってきたのですが、インターネットや携帯にスマホが世間に出回ったことでいじめや孤立する人が増えてきたのです。これによって話をしていても何処かで情報が漏れてしまっている可能性も考えられます。人間としてのコミュニケーションがおろそかになってしまうのです。それによって目には見えない制圧が常に隣りあわせとなってしまったのでしょう。これによってストレスから逃れられなくなってしまい、新型鬱病と診断されてしまうのです。新型鬱病には3つの鬱に分かれていると考えられています。1つ目は逃避型抑鬱、2つ目は未熟型鬱、3つ目が現代型鬱になります。これら3つの鬱はタイプによって症状が違ってきます。1つ目の鬱は、現代社会から現実逃避を考えているタイプになります。問題解決を諦めてしまうだけでなく、悩み事や仕事に対しての熱意を失ってしまっているのです。2つ目のタイプは、人間関係がうまくいかないことで友達付き合いや職場の付き合いを避ける取り組みの人を指します。自分に対する負荷を抑えられないので感情を制御できなくなってしまうのです。3つ目のタイプは、症状を受け入れることができない人を指します。鬱になっていることを認めることができなければ、症状はどんどん悪化してしまうので重度の鬱になってしまう可能性が高いと考えられているのです。